オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
「東京ゲームタクト 2017」追加出演者が発表。チケット一般販売は18日から
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2017/02/17 18:45

リリース

「東京ゲームタクト 2017」追加出演者が発表。チケット一般販売は18日から

東京ゲームタクト2017
配信元 ノイジークローク 配信日 2017/02/17

<以下,メーカー発表文の内容をそのまま掲載しています>


追加出演者・追加演目、指揮者も発表!
日本最大級のゲーム音楽フェスティバル
「東京ゲームタクト 2017」チケット一般販売開始!

 株式会社ノイジークロークは、ゲーム音楽フェスティバル「東京ゲームタクト 2017」の追加出演者・追加演目を発表し、併せてイープラスにて明日 2/18(土)10 時からチケット一般販売を開始することを発表しました。


「ゲームタクト」とは?
「ゲームタクト」は、ゲーム音楽作曲家が中心となりゲーム音楽の魅力を直接お届けするかつてないイベント。ゲーム音楽を日本発の魅力的なカルチャーとして世界に広く紹介するとともに、ご来場のみなさまが作曲家やアーティスト、演奏家とともに、心ゆくまでゲーム音楽を楽しむ日本最大級のフェスティバル。作曲家の坂本英城が音楽監督を、指揮者の後藤正樹氏が総合ディレクターを務め、5/6(土)に大田区民ホール・アプリコにて開催される。すでに多数のゲーム音楽作曲家・アーティストの参加が発表されており、これまでにない規模のイベントとして注目を集めている。

追加出演者発表!
今回新たにアーティストのサラ・オレイン氏やエミ・エヴァンス氏、作曲家の Hiro 氏など、計 16 名の追加出演者を発表。大ホールで行われるオーケストラコンサートのみならず、小ホールや展示室で開催されるトークショーも一層豪華な顔ぶれとなり、史上最大規模のゲーム音楽フェスティバルにふさわしいラインナップとなっている。

追加アーティストプロフィール(一部)

サラ・オレイン
オーストラリア出身。ヴォーカリスト、ヴァイオリニスト。英語、日本語、イタリア語、ラテン語を操るマルチリンガル。
2012 年の 1st アルバム『セレステ』で iTunes ヴォーカル・チャート 1 位、2nd アルバム『SARAH』および『SARAHDeluxe』では Billboard チャート 13 週連続 1 位を獲得。ゲーム用楽曲では『ゼノブレイド』エンディングテーマ曲「Beyond the Sky」(光田康典氏作曲)や『TIME TRAVERERS』エンディングテーマ曲「The Final Time Traveler」(坂本英城氏作曲)のヴォーカル・英語詞などを担当。

エミ・エヴァンス
歌手/作詞/作曲作家/チェリスト/アンビエントのエレクトロニカユニット freesscape のヴォーカリスト。英国人の父と日本人の母を持つことから英語、日本語をはじめ、フランス語、はては宇宙語、未来語まで自由に操る。
2000 年の来日以降、『ニーア レプリカント』『ニーア ゲシュタルト』『ダークソウル』など多数のゲーム用楽曲のヴォーカルを始め、TV CM, TVドラマ、映画、ブランドイベントなどで幅広く活動中。

Hiro
セガ・インタラクティブ サウンドセクション所属。ニックネームは「Hiro 師匠」。SEGA Sound Unit[H.]のリーダーであり、キーボードを担当。代表作に『アウトラン』『アフターバーナー』『ファンタジーゾーン』『maimai』『ダーツライブ』他。現在は三国志大戦のサウンドを担当。

阿保剛
1992 年よりパソコン/コンシューマーゲームの BGM制作をスタート。その後、KID、5pb./MAGES.等で数多くのゲームタイトルの BGM/効果音を統括的に制作し、メインコンポーザとして活動。代表作は『Memories Off』シリーズ、『Ever17』等の「Infinity」シリーズ、『CHAOS;CHILD』や『STEINS;GATE』『ROBOTICS;NOTES』の科学 ADVシリーズなど多数。

河野暁子
神奈川県 横浜市出身のシンガー、作詞家、作曲家。幼少より長きにわたりダンスと歌に触れ、数百を超えるステージをこなし、2010 年、プロのミュージカル劇団に所属。 ピーター・パン役などの主演を務め、3年後シンガーに転身。2015 年『テラバトル』のテーマソング「High Sky」を歌唱。2016 年、オリジナルソング「4U(フォーユー)」が 『テラバトル』の挿入歌として採用される。同年秋冬には植松伸夫氏率いるバンド EARTHBOUND PAPAS のヴォーカルとしてアメリカ・中国公演に出演。

桑原理一郎
作曲家。スタジオ月歌代表。2002 年にテクモ(現コーエーテクモゲームス)入社。『アルゴスの戦士(PS2,Wii)』『モンスターファーム 5』『Quantum Theory』『零・眞紅の蝶』『真・三國無双 VS』等の音楽を担当。2012 年に独立後、『モンスターストライク』『モンストスタジアム』『サムライディフェンダー』『SNOW WORLD』『ミッフィースマイル』等ゲームの他、アニメ、TVCF 等にも制作の場を広げる。

古代祐三
高校卒業後、電波新聞社より発刊されていたマイコン BASIC マガジン上に“YK-2”のペンネームでライターとしての活動を開始。ほぼ時を同じくしてサウンドプログラマーとして、『イース』『ソーサリアン』等、日本ファルコム社に作曲を提供する。以降現在に至るまで、常に第一線で活躍し続けているゲームサウンド・クリエイター。代表作に「湾岸ミッドナイト・マキシマムチューン」シリーズ、「世界樹の迷宮」シリーズ、『新・光神話 パルテナの鏡』、『パズドラクロス』など。

SAK.
ハウスや EDM 等ダンスミュージックを生かした場面を中心に活躍の場を広げているシンガー、作詞家。主な参加作品は『消滅都市 2』(作曲:加藤浩義氏/歌唱・作詞)、『湾岸ミッドナイト・マキシマムチューン 5DX PLUS』(作曲:古代祐三氏/歌唱・作詞)、『TIME TRAVERERS』(作曲:坂本英城氏/英訳詞)等。また、SATO(佐野電磁氏と加藤浩義氏による EDM ユニット)や大久保博氏による個人作品にも参加している。

高田雅史
作曲家。アトリエドゥーブル、HUMAN、GRASSHHOPPER MANUFACTURE、TangoGameworks と所属し、現在は自身の会社 SoundPrestige LLC.でゲーム音楽を主体としながら、アニメ、舞台、歌モノと活動の幅を広げている。代表作に「ダンガンロンパ(ゲーム、アニメ、舞台)」全シリーズ、「地球防衛軍」シリーズ、『夢王国と眠れる 100 人の王子様』など多数。

追加演目・指揮者発表!
追加出演者に加え、『エースコンバット 04 シャッタードスカイ』の「Blue Skies」や「『世界樹の迷宮』メドレー2017」、『ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル』の「約束のうるおい」など、大ホール公演での追加演目も発表。さらに「『世界樹の迷宮』メドレー2017」は作曲家である古代祐三氏が、「約束のうるおい」は谷岡久美氏が、それぞれ自ら指揮を担当することも発表された。
この他にも、すでに発表されていた楽曲で作曲家が自ら指揮を担当するものが発表されると同時に、展示室で開催される観覧無料の追加演目(トークショーなど)も発表され、他では類を見ない「ゲームタクト」ならではの魅力が明らかになった。

チケットの一般発売日時決定!
明日 2017 年 2 月 18 日(土)の 10 時より、イープラスにて全有料公演の一般発売がスタートする。有料公演は全部で6公演あり、大ホール公演ではお得な通し券も販売となる。すべての券種が先着順での受付となるため、「ゲームタクト」でしか体験できない、作曲家と直接触れ合う感動をぜひ感じるために、ぜひ早めにチェックしてほしい。

イープラス・チケット総合受付ページはこちら
http://eplus.jp/gametact2017/



【イベント開催概要】
■イベント名:東京ゲームタクト 2017(TOKYO GAMETAKT 2017)
■日程:2017 年 5 月 6 日(土)
■場所:大田区民ホール・アプリコ
■主催:株式会社ノイジークローク、公益財団法人 大田区文化振興協会

出演作曲家・アーティスト(順不同、敬称略) ★印が追加発表
・坂本英城(音楽監督)
・後藤正樹(総合ディレクター)
・植松伸夫
★阿保剛
・いとうけいすけ
・岩垂徳行
★エミ・エヴァンス
・大久保博
・加藤浩義
★上倉紀行
・川越康弘
★河野暁子
★国本剛章
★桑原理一郎
★慶野由利子
★古代祐三
★サカモト教授
★SAK.
・佐野電磁
★サラ・オレイン
・霜月はるか
★高田雅史
・谷岡久美
・中條謙自
★中山博之
★成田勤
・なるけみちこ
★Hiro
★細江慎治
・光田康典
…他、多数!

※掲載アーティストの出演は「予定」となっております。都合により予告なく出演辞退となる場合がございますので、予めご了承ください。

「東京ゲームタクト 2017」 大ホール演奏予定タイトル(一部)

<昼公演・夜公演共通> ★印が追加発表
★Blue Skies(『エースコンバット 04 シャッタードスカイ』より)
★ヴォーカル:SAK.
★MAIN THEME -SPACE HARRIER- (『SPACE HARRIER』より)
・モンスターストライクシンフォニー 第6楽章〜爆絶〜 ゲームタクトバージョン(『モンスターストライク』より)
★指揮:桑原理一郎
・猛獣たちとお姫様メドレー(『猛獣たちとお姫様』より)
★ヴォーカル:霜月はるか

<昼公演>計 13 曲程度を予定
・GATE OF STEINER(『STEINS;GATE』より)
★Awakening(『ファイナルファンタジーXI』より)
・Theme from THOUSAND MEMORIES(『サウザンドメモリーズ』より)
★指揮:いとうけいすけ
・文豪とアルケミスト(『文豪とアルケミスト』より)
★指揮:坂本英城
・『LUNAR2 ETERNAL BLUE』メドレー(『LUNAR2 ETERNAL BLUE』より)
★指揮:岩垂徳行
・Beyond the Sky(『ゼノブレイド』より)
★ヴォーカル:サラ・オレイン
★「世界樹の迷宮」メドレー2017 〜迷宮I翠緑ノ樹海〜迷宮 V 遺都シンジュク〜(『世界樹の迷宮』より)
★指揮:古代祐三
・Glory(『予言者育成学園 Fortune Tellers Academy』より)
★ヴォーカル:サラ・オレイン

<夜公演> 計 13 曲程度を予定
・街曲メドレー(『ワイルドアームズ』シリーズより)
★指揮:なるけみちこ
★トキワノオロチ - 時輪大蛇 - (『討鬼伝2』より)
★指揮:坂本英城
★約束のうるおい(『ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル』より)
★指揮:谷岡久美
・甘い時間 弦楽四重奏(『夢王国と眠れる 100 人の王子様』より)
・世界の終わりと最後の言葉(『消滅都市』より)
★ヴォーカル:エミ・エヴァンス
・法廷組曲 逆転裁判6(『逆転裁判6』より)
★指揮:岩垂徳行
・遠くからあなたを(『アナタヲユルサナイ』より)
★ヴォーカル:河野暁子
・蒼き革命のヴァルキュリア(『蒼き革命のヴァルキュリア』より)
★ヴォーカル:サラ・オレイン
・The Final Time Traveler(『TIME TRAVELLER』より) など 13 曲程度を予定
★ヴォーカル:サラ・オレイン

※掲載順はプログラム順ではありません。

「東京ゲームタクト 2017」 小ホール有料公演
MOTHER スペシャルコンサート performance by サカモト教授
頭に乗せたファミコンにカセットをさすとそのゲームの曲を奏でてくれる演奏スタイルで絶大な人気を誇るサカモト教授が、東京ゲームタクトで『MOTHER』の楽曲を披露!人気楽曲をたっぷりとお届けします!

植松伸夫トークショー(仮)
全世界で圧倒的な人気を誇るロールプレイングゲームの金字塔『ファイナルファンタジー』シリーズをはじめ数多くのゲーム音楽を手掛ける植松伸夫が、氏の楽曲のアレンジやオーケストレーションを数多く担当する成田勤、中山博之に、楽曲を受け取った後にどのようにイメージを広げて行くのか、どのような事を意識するのかなどを容赦なく質問!ここでしか聞けない赤裸々トークが飛び出すかも!?

レジェンドコンポーザーズ
『ディグダグ』『ゼビウス』などの作曲家である慶野由利子、『アウトラン』『アフターバーナー』などの作曲家であるHiro、『スターソルジャー』『迷宮組曲』などの作曲家である国本剛章、『イース』『ソーサリアン』などの作曲家である古代祐三が一堂に会し、ビデオゲーム・テレビゲーム黎明期の思い出や、苦労話などをたっぷりとお届けします!

「東京ゲームタクト 2017」 展示室有料公演
アフターパーティー
全公演終了後、会場内で人数限定のアフターパーティーを開催します。一部出演者も参加予定!憧れの作曲家と間近に触れ合える、ゲームタクトでしか実現できない貴重なパーティーです。

「東京ゲームタクト 2017」 展示室無料公演  ※追加発表演目
AB 型作曲家座談会〜坂本英城の「AB’s」〜
個性豊かなゲーム音楽作曲家を、血液型で集めてみたらどうなるのか!?血液型以外の共通点が見当たらない、坂本英城・細江慎治・高田雅史・上倉紀行の 4 人が、意外な共通点を探るべく恐る恐るトークをします!

中條謙自の「ゲーム音楽家・一斉調査 2017」
素晴らしい作品を作り出す裏にはどんなバックグラウンドが隠れているのか?このコーナーでは、中條謙自がゲームタクト出演音楽家たちに一斉調査を実施し、その実態を分析していきます。数々の踏み込んだ質問により、ゲーム音楽家たちの心の闇に踏み込んでしまうかも!?

佐野電磁トークショー
『リッジレーサー』シリーズなどの作曲家でありながらラジオパーソナリティもこなす佐野電磁によるトークショー。前回開催の沖縄ゲームタクト 2014 では現地からラジオ放送を行ないましたが、今回も楽しい内容になる事間違いなし。ゲストの乱入もあるかも!?

物販コーナー
「ゲームタクト」限定オリジナルグッズや、出演作曲家のサウンドトラック CD などを取り揃えた物販コーナーを設置予定です。この他にも「ゲーム」と「ゲーム音楽」を体験して満喫できる企画展示などを絶賛計画中。

【関連サイト】
▼チケット総合受付ページはこちら
http://eplus.jp/gametact2017/
▼ゲームタクトのホームページはこちら
http://gametakt.com/
▼ゲームタクト Twitter 公式アカウント(最新情報の発信)はこちら
https://twitter.com/gametakt
▼ゲームタクト Facebook ページはこちら
https://www.facebook.com/gametakt/
▼ノイジークロークのホームページはこちら
http://www.noisycroak.co.jp/
▼ノイジークローク Twitter 公式アカウントはこちら
https://twitter.com/noisycroak

(C)noisycroak Co., Ltd. / (C)Keyma

「ゲームタクト2017」公式サイト

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:11月23日〜11月24日
タイトル評価ランキング
82
ARMS (Nintendo Switch)
74
鉄拳7 (PS4)
73
スプラトゥーン2 (Nintendo Switch)
2017年05月〜2017年11月